母体保護法指定 電話 0957-54-1103
医療法人 おび産婦人科医院
おび産婦人科 個人情報保護方針 おび産婦人科 個人情報保護方針
不妊治療
10組のうち2組もの夫婦が不妊症だといわれる現在。もはや、他人事とは言えなくなってきました。早期発見・早期治療のためにも、不妊症がどんなものかをきちんと理解しておきましよう。
不妊の基礎知識
不妊症とは?
妊娠を望んでいる場合、1年以内に70%〜80%の女性が、2年以内に80%〜90%の女性が妊娠します。一般的に、不妊症とは「2年以上も子作りに専念しているのに妊娠しない状態」のことですが、1年経っても妊娠しない場合は、産婦人科を訪れるのも良いかも知れません。月経不順や生理痛が激しい場合、30歳を越えている場合は、早めの受診をおすすめします。
原発性不妊症  妊娠を望んでいるが、過去に一度も妊娠していない場合。
続発性不妊症  過去に妊娠・出産経験あるが、その後は妊娠していない場合
習慣性流産  3回以上流産を繰り返している場合。
不育症  習慣性流産、早産、死産を繰り返す場合。
原因は女性だけではない

男性側の不妊原因は、精子に関するものがほとんど。それに比べ、女性の場合は卵巣・卵管・子宮など原因はさまざまです。ただし、比率でいうと、男性側の原因が1/3、女性側が1/3、両者の場合が1/3なので、決して女性に多いというわけではありません。
♂男性側の主な原因

「造精子機能障害」
精子の数が少ない乏精子症、精子の運動率が低い精子無力症、奇形精子が多い奇形精子症などがあります。

その他に性交障害・インポテンツ・精管通過障害など
♀女性側の主な原因

「排卵因子障害」
排卵がうまくできていない状態のことです。排卵ができているかどうかは基礎体温表をつけることにより簡単にチェックできます。もっと確実に確認するには排卵日前後の超音波検査によりわかります。

「卵管因子障害」
細菌感染による卵管炎が大半を占め、ほかに卵管の狭窄や閉塞があります。

「子宮因子」
子宮内膜症や子宮の筋層内にできる良性腫瘍の子宮筋腫などが該当します。他には子宮の形成異常があります。これは妊娠しにくいことに直結するわけではないのですが、子宮が小さかったりすると妊娠しにくかったり、流産の原因になったりします。

「頸管因子障害」
排卵の前になると頸管粘液の量が増え、精子が子宮の中に入りやすくなります。子宮頚管の粘液の量が増えない状態は頸管因子障害に当てはまります。
♂♀夫婦両者の主な原因

夫婦の免疫的な相性が原因で、女性の体内に入ってきた精子に対して、「異物」の抗体反応が出て精子を受け付けない。

以上の原因により不妊の状態になりますが、原因は1つとは限らず重複していることも少なくありません。 また、「不妊症」とはあくまで現在のところ子供が出来ていない状態をいっているだけで、永久的な病名ではありません。だから不妊の原因を探ってそこを改善すれば、きっと赤ちゃんも出来るはずです。
不妊治療の手順へ
contents
home
産科オープンシステム
      安全・安心できる出産方法
      お産の心の準備・体の準備
      出産後のケア
      女性のための健康診断
      不妊治療の基礎知識
      不妊治療の手順
更年期ホルモン教室
医院概要
施設案内
診療時間
アクセス
ご挨拶・お問合せ
リンク集
Copyright (c) Obi Maternity Clinic, All Rights Reserved
GET Maicromedia Flash Player マイクロメディア フラッシュプレーヤー