母体保護法指定 電話 0957-54-1103
医療法人 おび産婦人科医院
おび産婦人科 個人情報保護方針 おび産婦人科 個人情報保護方針
患者様ご自身で分娩方法を選ぶことが出来ます。
※分娩時にはおび産婦人科の助産師が介助のお手伝いをしますし、院長もできるだけ立ち会うようにいたしますので安心です。
※厚生労働省・産婦人科医会も推進しています。
※費用の差はありません。
産科オープンシステムとは
妊婦様の健診は当院、お産は当院の院長や助産師が、医療スタッフや設備の整っている国立長崎医療センターへ出向き、産後の検診は当院で行うシステムです。
医療センターとの連携により、検診の待ち時間を短縮し、より安全なお産をめざします。
産前産後から育児まで助産師が長期にわたりサポートします。
産科オープンシステムのメリット
なぜこのシステムの導入が望まれるのか?
1. 分娩時の安全性
分娩時には出血多量で母体の状態が悪化したり、胎児の状態悪化のため緊急で帝王切開が必要になったり、赤ちゃんが仮死で出生したりして緊急に専門的な高度な処置が必要になる場合があります。しかし、その緊急時に他の産婦人科医師、看護スタッフ、新生児専門医、麻酔科医師、必要によっては救急専門医を集めることは一般開業医では困難です。患者様の不安を解消するためのシステムとして、このようなオープンシステムが考えられるようになりました。
2. 国立長崎医療センターは日本有数の設備・医療機器等が充実。
3. 妊婦様・赤ちゃんの負担軽減
妊娠中の定期健診や産後の検診の場合、当院での診療を行うので長時間の待合が無く妊婦様や赤ちゃんに体力的・精神的に負担をかけません。
contents
home
産科オープンシステム
      安全・安心できる出産方法
      お産の心の準備・体の準備
      出産後のケア
      女性のための健康診断
      不妊治療の基礎知識
      不妊治療の手順
更年期ホルモン教室
医院概要
施設案内
診療時間
アクセス
ご挨拶・お問合せ
リンク集
Copyright (c) Obi Maternity Clinic, All Rights Reserved
GET Maicromedia Flash Player マイクロメディア フラッシュプレーヤー