母体保護法指定 電話 0957-54-1103
医療法人 おび産婦人科医院
おび産婦人科 個人情報保護方針 おび産婦人科 個人情報保護方針
お産診療
妊娠前
 心と体の準備
ストレスや急激なダイエットは、生理不順や不妊の原因になります。充分な睡眠と、規則正しい食生活を心がけましょう。映画や音楽など、趣味を通してストレスを解消していくことも大切です。

 ブライダルチェックを受けよう
母子感染の危険性がある病気は、妊娠前に見つけて直すようにしましょう。特に、風疹は妊娠中にかかるとお腹の赤ちゃんに悪影響をあたえる場合があります。気になるようであれば、妊娠前に予防接種を受けておくと安心です。

 薬を服用している場合
市販の薬は、長期間服用しなければ特に問題はありません。慢性的な病気をかかえている場合や長期にわたって薬を服用している場合は、妊娠への影響について ご相談して下さい。
超音波検査 骨量測定機器
赤ちゃんを観察する超音波検査 骨量測定機器
 たばこお酒の悪影響
喫煙は、低体重児が産まれる可能性を高めます。お酒も、胎児アルコール症候群などのトラブルを招くことがあります。日常的なアルコール摂取はもちろん、喫煙や喫煙者のそばにいることは、なるべく避けたほうが良いでしょう。

 X線の影響
X線をはじめとする放射線は、胎児に悪影響をあたえる場合があります。レントゲンなどを撮影する時は、あらかじめ医師やレントゲン技師に“妊娠している(かもしれない)”旨を伝えるようにしましょう。

 妊娠中の運動
妊娠が判明する頃は、まだいつも通りの生活をしているはずです。この時期なら、激しい運動をしていたとしても特に問題はありません。但し、妊娠初期以降は、ハードな運動や勝ち負けを争うスポーツは遠慮しましょう。

 栄養バランスの取れた食事
油っこい料理(フライパンを使用する料理)はなるべく避けて和食中心の料理を心がけましょう。
contents
home
産科オープンシステム
      安全・安心できる出産方法
      お産の心の準備・体の準備
      出産後のケア
      女性のための健康診断
      不妊治療の基礎知識
      不妊治療の手順
更年期ホルモン教室
医院概要
施設案内
診療時間
アクセス
ご挨拶・お問合せ
リンク集
Copyright (c) Obi Maternity Clinic, All Rights Reserved
GET Maicromedia Flash Player マイクロメディア フラッシュプレーヤー